ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】


中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2014年09月07日

アメリカの教えを信じた日本人と信じなかったパラオ人

********************

(2013年)11月上旬にフィリピンを襲った台風30号は、太平洋の島国パラオの一部にも壊滅的な被害を与えた。
日本国内ではあまり知られていなかったが、親日国家パラオを支援しようとの呼びかけが口コミなどで広がり、義援金は約1900万円に達した。義援金の証明書は3日、来日中のレメンゲサウ大統領に手渡された。
大統領は同日、都内の大使館で、マツタロウ駐日大使から口座の証明書を受け取った。
大統領は「最も早く人道支援に応じてくれたのも日本政府だったが、日本の一般の人々の心にそれ以上に感謝している」と述べた。
パラオは第一次世界大戦後に日本が委任統治。戦後も対日関係を重視している。
(2013.12.3 MSN産経ニュース)

********************

大麻はいつから麻薬になったのでしょうか?
戦前の日本では大麻は麻薬ではありませんでした。むしろ大麻を栽培することが国家によって奨励され、学校の教科書でも紹介されていました。
しかし戦後、日本人はアメリカによって大麻が体に有害なものであると教えられ、いつしか皆、大麻が有害なものと信じ込んでしまいました。

一方で、外国にはアメリカの教えを信じなかった人々がいました。
戦前・戦中に日本の統治下にあった南洋諸島のパラオは、戦後はアメリカの統治下におかれましたが、その時に、アメリカはパラオの人々に「日本は残虐だった」と学校で教えたのです。
しかし、パラオの人々はそれを信じませんでした。

日本はアメリカに押し付けられた大麻取締法をまだ変えませんが、
パラオは独立するとすぐに、アメリカに押し付けられていた歴史の教科書を変えました。

続きはこちらをお読みください
「戦前・戦中に生まれたパラオと日本との深い絆 」
http://www.yaei-sakura.net/index.php?society_h0033



posted by takahiro at 13:17| Comment(2) | 世の中が変わる
この記事へのコメント
やしろ様、いつも情報をありがとうございます。

アメリカによる日本人のマインドコントロールは、大成功したのですね。
マッカーサーは「60年後には大和魂を皆無にする!」と宣言したと聞きました。

私が小学生の頃の社会科では、
「日本は島国なので、弥生時代までは世界に遅れた石器時代であり、麻を着ていた。野蛮な性質なので次々と残忍な侵略戦争をしていき、原爆を落とされてやっと反省するようになった。」
その様に学び、日本に生まれた事をとても恥ずかしく、恨みました。

来年は、戦後70年。
もう、コントロールを解いて、消されてしまった真実を知り、各々が自分や家族、日本人の誇り、大和魂を取り戻す時期になったのだなぁと感じています。
Posted by haru22 at 2014年09月08日 23:27
こんな事この記事を見るまで全く知りませんでした。このYou tubu を見て涙が止まりませんでした。これは絶対に事実です。私は、1997年から2年ちょっと夫の海外赴任で、ミャンマーに住んでいました。その当時、60代位の人から日本軍の日の丸の旗を見せられました。それは、ミャンマーに赴いた人たちの名前が旗に掲げてある大切な物です。その老人が私を信用して託してくれたのですが、私はそんな大切なものを誰にどのように渡したら良いかもわからず、日本から慰安に来ているお坊さんにぜひ渡してほしいと丁重にお断りしました。その人はミャンマー人で日本に来たこともなければ、日本人の親族がいるわけでもありませんが、日本語をしゃべり、日本の軍人さんはとても立派だったということ、良くミャンマーの農業を手伝ってくれて、豆腐の作り方をミャンマーに教えたということ、またもやしの栽培方々を教えてもらったことなど、いろいろ話してくれました。ミャンマー人はイギリス人は嫌いだったけど、日本人は尊敬していると言ってくれました。本当の歴史を伝えるべきですよね。
Posted by chie at 2014年09月09日 14:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。