ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】


中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2014年10月21日

今日は神風特別攻撃隊が初出撃した日

今日、10月21日は、神風特別攻撃隊が初出撃した日です。(1944年)
多くの若者が、志願して特攻隊となり、戦場に散っていきました。

神風特攻隊と自爆テロは、その精神において全く違うものです。
イスラム教徒の自爆テロはカルトです。神のために死ねば天国へ行けるらしいから、罪の無い大勢を道連れにして死ぬ。それは結局、天国へ行きたい自分のためであり、まったく自己中心的な愚かな行為です。

しかし、精神の国、日本の神風特攻隊は違いました。
「私がやらなければ、父様、母様が死んでしまう」
お父さん、お母さん、愛する家族を守るために、愛する故郷を守るために皆死んでいったのです。彼らは平和を愛していたのです。

当時、アジアとアフリカの大部分は、有色人種を人間として認めない白人たちによって植民地化され、虐殺されたり搾取されたりしていたという「現実」がありました。
日本が勝ち目が無いとわかっていて大東亜戦争に突入したのは、そういう地獄のような現実を終わらせるためでした。

「大東亜戦争の真実 白人たちにとって私たち有色人種は人間ではなかった」
http://www.yaei-sakura.net/index.php?society_h0022

戦争はあってはならないものです。しかし、今でも戦争や地域紛争が起きているという現実があります。自分がやりたくなくても戦争を仕掛ける者がいる限り、自分の国を守る手段は必要です。
それは、暴力はあってはならないものだが、現実にはそれがあるから警察が必要であるという理屈と同じです。
特攻隊員たちの行為を愚かだったとは言ってはならない。

(やしろたかひろ)


特攻隊の遺書




toromodosou123.png


posted by takahiro at 01:08| Comment(0) | 現代社会を考える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。