ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】


中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2014年11月17日

笹崎里菜さんの内定取消をした日テレに対して報道姿勢の公平性を疑う

newspaper123.jpg

ホステスとしてのアルバイト歴があったことでアナウンサー職の内定を取り消された東洋英和女学院大学4年生・笹崎里菜さんが不当であるとして日本テレビを訴えました。

日本テレビが内定を取り消した理由は次の通りです。
・アナウンサーに求められる清廉性にふさわしくない。傷がついているアナウンサーを使える番組はない。
・履歴書にホステスのアルバイト歴を記載しなかったことが会社への虚偽申告に当たる。

さて、「清廉性」とは、非常に主観的な概念です。
もしそれが日本テレビという会社の統一見解であるならば、同社の男性社員がそのような店へ通うこと自体を禁止しなければなりません。
万一、男性アナウンサーにクラブ通いが認められている、または黙認されているとしたら、職業差別を超えて男女差別ということになります。

また、どのような種類の仕事であっても、個人によってその仕事に就くに至った様々な経緯、様々な人生ドラマがあります。
報道機関でありながら、そのような個人のドラマを尊重せずに、一概にこの職業は駄目だと決めつけ職業差別を行うことは、日本テレビが日頃から公平性に欠ける偏向報道をしているテレビ局なのではないかと疑われても致し方の無い事です。

また、履歴書にアルバイト歴をすべて書く人などまずいません。私自身も、過去の就職面接時にそのように書いたことはありません。

さらに、日本テレビは本人に対して他の企業への就職活動を中止することを誓約させており、その状態で後から内定取り消しをするのは本人の人生を大きく狂わせることであり、人権問題です。
それは、雇用者という強い立場にある者の、求職者という弱い立場にある者に対する横暴に過ぎません。

(やしろたかひろ)

関連記事
*日本テレビ側はほぼ勝ち目なし
 http://news.livedoor.com/article/detail/9472651/
*女性弁護士が分析
 http://news.livedoor.com/article/detail/9473183/

タグ:人権と福祉
posted by takahiro at 00:17| Comment(0) | 世の中が変わる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。