ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】


中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2009年11月13日

日月神示のアセンションメッセージ

先日、PARC自由学校という所で行なわれた中山康直さんの講演は、文字通り自由な言論の場となりました。
今回の講演はいつもよりもスピリチュアルな内容が多く、質疑応答の中では受講生側から宇宙人を見たという体験談まで飛び出しました。

日月神示の中に、現代の私たちに対する三つの大切なメッセージが記されているとの事。

その一番目は「丑寅の金神がこの世の建て直しをするぞ」というもの。
「丑寅の金神」とは日本列島。神道の流れをくむ日本の精神文化などのことを意味しているそうです。

今まではイルミナティの力によって、日本のスピリットがブロックされてきたが、民主党政権の誕生はそのブロックが解かれる瞬間だった。
亀井静香氏による、これまでのタブーを破る暴露発言はその象徴。

※その他、7月22の月食の意味など中山康直さんの話の詳細は、メールマガジンでご紹介します。
http://www.yaei-sakura.net/
posted by takahiro at 14:53| Comment(0) | 世の中が変わる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]