ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】


中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2012年11月21日

TPP加盟は日本の食を危うくする!

闇の権力が嫌うものは自給自足社会!
以下は、中丸薫さんの最近の著書と、私が9月に聞いてきた中丸薫さんの講演の内容から抜粋したものです。

******************************************************

闇の権力者たちが自分たちの権力を保つために邪魔なものは、国同士が親密になり、それらの国々が社会を発展させること、そして自給自足できることなのです。
世界の国々がバラバラで、エネルギーや食糧を自給自足できない、世界をこのような状態にしておけば、富と技術と結束力を持つ闇の権力は相対的に強い力となり、世界を牛耳ることができるのです。
人間一人一人を支配するには、食糧を支配するのが確実です。彼らが食糧の元を握り、彼らの影響下にある国が配給制による食糧供給を実施することでコントロールするという構想です。

日本の食糧自給率が他の先進国と比べて著しく低いのは、闇の権力者たちが、特に日本が厄介な存在だと感じていることが一因になっています。
日本人は優秀です。技術力を持っています。働く意欲があります。まじめです。特定の宗教やイデオロギーなどに縛られることもなく、労働者、経営者、政治家など様々な人々の間に、欧米のような格段の差があるわけでもありません。
そういう意味では、日本はずっと以前から人間復興を成し遂げてきた国ともいえます。そして、他の国民と比べ精神性もかなり高いのです。

日本をアメリカの奴隷国家から真の独立国家に変えようとしていた小沢さん、鳩山さんらは、闇の権力者からすると不都合な人たちでした。
そこで、鳩山さんに対しては殺すぞと脅迫して総理大臣を辞めさせ、小沢さんに対しては、マスコミを使い、検察を使い、捏造で国民を洗脳して、追い落としを計ったのです。

小沢さんが日本の権力を握り、闇の権力者たちによって都合の悪い言動を繰り返すようになって、アメリカのペンタゴンと財務省から工作員が入ってきました。それが東京地検特捜部の行動につながりました。
戦後、東京地検特捜部は、GHQの特命により設立され、今でもアメリカの影響下にあります。
特捜部のスタッフは正義感に燃えて仕事をされていると思いますが、留学などの機会や、そのほかのあらゆるところで、巧みに洗脳されています。

TPPの標的は日本です。
日本が開国すれば、欧米や中国の巨大資本は日本の森林や土地、企業などを合法的に買いあさることができるようになります。
日本の近海に埋蔵されているメタンハイドレートとレアメタルの採掘権もTPPの対象であり、外資が独占販売することも可能なのです。

(中丸 薫)

******************************************************


日本の農業が崩壊し、農村の核家族化が著しく進んだのは高度経済成長期と言われた時代です。
「タンパク質が足りないよ」というCMソングが流行って、日本人の肉食が加速した時期です。
食に関する誤った情報により日本人はマインドコントロールされ、日本社会は専業農家で生活していくことはできなくなりました。
その頃の農村の小学校の先生が子供たちに何を教えていたかは、以下、大麻草検証委員会のコラムに書きました。
http://www.taimasou.jp/index.php?yashi_1

そして、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)問題が、今度の衆議院選挙のひとつの争点になります。
TPP加盟国は、2015年までに全ての貿易の関税を削減しゼロにすることが約束されています。
もし関税が撤廃されれば、日本国内では輸入食品が安くなり、国産の農作物が売れなくなりますから、国内の農家は大打撃を受けて食糧自給率はますます下がっていきます。
そうすると、かつて小麦がアメリカから大量に輸入されたように、アメリカから大量の農薬を使用して栽培された農産物や、遺伝子組み換え農産物が大量に輸入されるようになります。
私たちは毎日の食事をそれらに頼らざるをえなくなっていくのです。闇の権力者たちの人口削減計画の中で、農産物と一緒に新種の病原菌も入ってくるかもしれません。
そして、もし日本政府がアメリカの言う事を聞かなくなれば、そのようなケミカル食品の供給さえもストップするぞと脅しをかけられるようになるのです。

小沢氏、鳩山氏が去った民主党は、もはや自民党と同様、アメリカの奴隷政党になってしまいました。
TPPに加盟すれば、日本人はロハスなどと言っている余裕はなくなってしまいます。
今度の衆議院選挙は、私たち日本人の運命が大きく左右されることになるかもしれない、大変重要な選挙になりました。
民主党執行部は消費増税やTPP推進に反対する候補者は公認しない方針です。


「TPP加盟で日本の経済が崩壊する」
http://iyasaka.saloon.jp/article/60218241.html

(やしろたかひろ)


2010102801_01_1.jpg


the_funai_1346985016_1.jpg

向かって右から2番目が中丸薫さん。ヘンプカークル―と共に。(2011年7月8日)


posted by takahiro at 11:16| Comment(0) | 現代社会を考える
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]