ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】


中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2013年02月15日

古い常識が覆る時の始まり

2012年の冬至に関しては、あまりにも多くの予言が飛び交ったために、その結果に対してシラケている人たちもいます。
しかし、このブログを読まれている方の中には、目には見えないが確実に何かの流れが変わってきていると感じている人が多いと思います。
今日、ロシアで起きた隕石の落下は、何かのスイッチかもしれません。

昨年までの数年間は、ネガティブな意味で世の中を大きく騒がせた出来事と言えば、主として異常気象や地震などの自然災害が多かったように思います。
しかし、今年に入ってから、人間が起こしている出来事が世の中を騒然とさせています。
「なぜあの場所でこんな事件が」「なぜあの人がこんな事件を」と意外性を感じさせる出来事が立て続けに起きていると考える人は多いのではないでしょうか。
それらの出来事の中には、今まで長い間隠されていたことが一気に表に現れたというものもあります。

一部において、人間のネガティブな感情がエスカレートしている状況があります。
波動変化の目に見えない影響を無意識に受けている人たちが、心身のバランスをうまくコントロールすることが出来なくなり、不定愁訴に襲われているようです。
また、現象的にも古い価値観や常識が崩れはじめてきていますから、今までそのようなものに依存してきた人々が精神の拠り所をなくして、他人の考え方や世の中そのものを全否定するというような状態に陥ることも、これからは増えてくるでしょう。
しばらくはこのような状態が続くでしょうが、私たちはネガティブに見える混乱をポジティブな変換が起こるプロセスであると捉えて、今まで以上に地に足の着いた生活をしていきたいと思います。

現在、各方面において、世の立て直しプロジェクトに関わっている活動家が非常に増えています。脱原発や大麻取締法廃止運動などもそれに入ります。
そのような活動家たちの中でも、今、二極分化が起こりつつあります。より深い調和へ向かう動きと不和とが同時進行しています。
活動のパートナーを選ぶ時には、その人が何をしてきた人であるかではなく、どのような意識に基づいてそれをしてきた人であるかにフォーカスすると良いと思います。
個人的な利益や個人的なエゴの感情に基づいて活動をしている人たちは、これからは人間関係も自己の内面もバラバラになっていくことでしょう。
全人類が共有できる利益や全人類の幸福のために活動をしている人たちは、多少の考え方の違いを容認することができるので、強いネットワークを形成していくことが出来ます。

今年は、今までの常識が覆える出来事が起こり始める年になるのではないでしょうか。

(やしろたかひろ)

posted by takahiro at 21:46| Comment(0) | 世の中が変わる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]