ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】


中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2013年11月06日

手放した時に、新たに始まる

自分の日記に、「必要が無くなったものを手放す」ということについて書いた今日、
あるFacebook友達の、「引退しました」という書き出しのメッセージが目に留まって、僕は感動した。

あなたはいつか、世間の多くの人々の目から見て、決してカッコ良くない世界に飛び込んだ。
最初は、死ぬような思いで、その世界に馴染もうとしたに違いない。
自分がこの世に生まれてきた理由を知るために、そして心の傷を手放すために、
あなたにとって、その世界は「必要」だった。

誰に何を言われようと、あなたはその世界と真摯に向き合った。
誰に何を言われようと、あなたはその世界をとことん味わった。
そうしたら、自分が、多くの人々から愛されるようになった。

そして、愛する者が出来た時、あなたにとって、もう、その世界は必要が無くなった。
人生の中でいくつもある階段のうち、その大きなひとつを見事に登り切ったのだ。

あなたは人々に、自分の手で「掴む」ことと「手放す」ことの大切さを伝え、
最初はカッコ悪く見えたとしても、自分の物語を創造し、その物語を生きることは、
最高にカッコいいことなのだということを、身をもって証明した。

僕は、あなたの新たな始まりの日を祝福する。

(やしろたかひろ)

posted by takahiro at 23:35| Comment(0) | 人生の転換
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]