ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】


中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2012年04月17日

麻開き2012のお知らせ(埼玉)

中山弥栄塾主催イベントではありませんが、中山康直さん出演イベントの情報をシェアさせていただきます。お問い合わせは、記載されている主催者へお願いいたします。(やしろ)

**********************

衣・食・住これからのこと 日本古来の伝統植物大麻草について考​えよう。
大麻草の油で日本一周 ヘンプカーがやってくる!!

地球維新 麻開き 2012

 古来、日本のお祭り、お祝い、ご神事には欠かせない神聖な植物​として扱われて来た大麻草。戦後、突如、麻薬というレッテルによ​り、触れる事すら禁じられている。石油・貨幣経済の発達によって​封印された“神秘”の植物大麻について今いちど考え直すきっかけ​になれば幸いです。未来へ

日時  5月12日(土)・13日(日)
場所 アートスペース おっぺ 埼玉県入間郡越生町516  電​話0492−92−5543
予約 問い合わせ  080−2056−5226(きんちゃん)
入場料 500円(ライブ・トークは別途、投げ銭−ハートマネー​)
宿泊  個室10名、ざこ寝25名  要予約 朝食付きで100​0円〜2000円のカンバ  当日の予約は、定員までとなります​。
食事  手作り食事を販売しています。

スケジュール
5月12日(土)開場午後1時 開演午後3時
 トークと座談会
 第1部 大麻取締法の問題点=大麻取締法の成り立ちと欠陥=
    トーク  丸井 英弘(弁護士)
 第2部 麻ふんどしと大麻取締法=戦後占領政策と伝統文化への​締め付け=
トーク  中山 康直(縄文研究所長)

 ライブ
 Yae(半農半歌手・鴨川自然王国)
 観音バンド(みんなで歌おう麻の歌)

5月13日(日)開場午前11時 開演午後1時
 トークと座談会 地球維新と麻ふんどし
    トーク  中山 康直(縄文研究所長)

 ライブ   みんなで踊ろう
  ときがわ百姓ジャンベ広場(地元のアフリカン太鼓グループ)
  観音バンド

posted by takahiro at 17:16| Comment(0) | ヘンプ・麻

2012年03月19日

日本の農業と環境シンポジウム

農業生産法人日本豊受自然農が主催し、明日京都で開催される「日本の農業と環境シンポジウム」から寄稿依頼を受けましたので、大麻を題材に書きました。
http://toyouke.com/event/kyoto2012/concept.html#yashiro

グリーンオーナープロジェクト(GOP)代表世話人、大下伸悦(小滝流水)氏などの講演があります。



タグ:調和と循環
posted by takahiro at 19:04| Comment(0) | ヘンプ・麻

2012年03月09日

中山大麻裁判、矛盾(ほこ×たて)対決!

昨日行われた、中山大麻裁判第二回公判の傍聴レポートです。

*************

検察官は、被告人・中山康直氏の大麻所持を立証するため、警視庁科学捜査研究所の鑑定人を証人に立てた。

弁護人は、起訴状の中で被告人が所持していたと記述されている「大麻を含有する乾燥植物片」の意味について、証人に尋ねた。


証 人 「押収物に、大麻に見られる植物の剛毛があり、THCが含まれていたので、大麻と判断しました。」

弁護人 「大麻の剛毛と、他の植物の剛毛との違いは、ちゃんとわかりますか?」

証 人 「・・・・・。よくわかりません。」

弁護人 「大麻取締法では大麻とはカンナビス・サティバ・エルだと規定してしますが、被告人が所持していたのはカンナビス・サティバ・エルだったのですか?」

証 人 「カンナビス・サティバ・エルだったかどうかは、わかりません。」

弁護人 「大麻を含有するとは、THCという成分が含有するという意味なのですか?」

証 人 「・・・・・・・。」

弁護人 「大麻取締法では、THC自体は規制対象ではないことはわかってますよね。」

証 人 「・・・・・・・・・・・・・・・・。よくわかりません。」

弁護人 「それじゃあ、今回押収されたものが大麻取締法でいう大麻だったかどうか立証されてないじゃないですか! これは、無罪だ!!」


証人はうなだれた。

(やしろ)


大麻草検証委員会
http://www.taimasou.jp/
中山大麻裁判の特集ページ
http://www.taimasou.jp/judge/
ブログ
http://taimasou.sblo.jp/

タグ:中山康直
posted by takahiro at 12:35| Comment(0) | ヘンプ・麻

2011年12月03日

中山康直氏、ヘンプ所持で現行犯逮捕!

皆様ご存じかと思いますが、中山康直氏に関して以下のように報道されています。
報道内容をいくつか掲載しておきます。
マスコミの報道のあり方について、この機会に皆様に考えていただけたらと思います。


■伊豆大島の自宅に大麻所持していた自称・縄文エネルギー研究所代表ら現行犯逮捕
伊豆大島で大麻を隠し持っていた疑いで、自称・縄文エネルギー研究所代表の男ら7人が、警視庁に逮捕された。
自称・縄文エネルギー研究所代表の中山康直容疑者(47)は、東京・大島町の自宅に、大麻45グラムを所持していたところを、大麻取締法違反の現行犯で逮捕された。
このほか、男女6人も自宅で大麻を隠し持つなどした疑いで逮捕されている。
警視庁によると、中山容疑者は自宅敷地内で大麻草を栽培していたという。
中山容疑者は警視庁の調べに対して、「大麻は有害だとは思わない。治療目的で有効な働きをすることは証明されている。大麻の栽培方法、成長過程を研究していた」などと供述しているという。
(12.2 FNNニュース)

■神棚に大麻飾る、宗教団体の7人逮捕
警視庁は2日、東京都大島町波浮港、会社社長中山康直(47)、同町差木地、画家荒井唯義(65)の両容疑者ら男女7人を大麻取締法違反(所持など)の疑いで現行犯逮捕したと発表した。
中山容疑者と荒井容疑者は宗教的な儀式をする団体を主宰しており、残りの5人もこの団体の参加者だったという。同庁幹部によると、中山容疑者は先月29日、自宅で乾燥大麻約45グラムを所持した疑い。荒井容疑者は同日、知人の女の自宅に乾燥大麻約270グラムを営利目的で所持した疑い。荒井容疑者は神棚にサカキの代わりに大麻を飾っていたという。
(12.3 読売新聞)


≪追 記≫ 

神棚に大麻を飾る例として、環境科学博士でヘンプ製品普及協会理事の赤星栄志氏がこのような写真を公表しています。
http://hempcar.ooasa.jp/article/51336909.html
日本文化の中で大麻は神仏と深い関わりのある草とされてきましたから、サカキではなく大麻を飾っても間違いではありません。報道内容には、マスコミの無知が露呈されています。


それから、本日の日刊スポーツに、昨日に私が電話取材に応じた内容が紹介されています。
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20111203-871813.html

ところが、私が単に「大麻」と言ったのを、「大麻のエネルギー」と、変な言い回しに変えて書かれています。やはり宗教っぽくしたいようですね。

改変された記事内容
 「中山さんは『大麻のエネルギーは、人間のよりよい共生社会を作っていく上で必要なもの』という素晴らしい思想を持っている人です。縄文時代の人びとは、大麻のエネルギーを有効に使っていたんです」

私が取材の中で実際に発言した言葉
 「中山さんはみんなで共生社会を創っていこうという啓蒙活動をしている人です。共生社会とは、人と人とが戦って争って、自分だけ生き残ろう、自分だけ良い思いをしようという社会ではなく、生かし合い助け合いながら、互いに繁栄していく社会の事です。」
 「共生社会を形成していた縄文時代の人びとは、日常の生活の中で大麻を平和利用していたのです。」

≪追 記 12/5≫
個人ブログのようですが、ヴィジョン オブ ニューアース、荒井唯義氏に関する情報を見つけました。
http://ture22.seesaa.net/article/238625652.html

≪追 記 12/10≫
大麻取締法の改正へ向けて企画発表!
http://iyasaka.saloon.jp/article/51664781.html


****************************************************
※大麻(麻・ヘンプ)を詳しく知るための参考サイト
 大麻を正しく考える国民会議
 麻を知る(アサノハ)
 NPO法人医療大麻を考える会
 麻と人類文化
 麻類作物研究センター・ヘンプ55
****************************************************
医療大麻講座のDVDが発売されています>>



posted by takahiro at 22:43| Comment(1) | ヘンプ・麻

2011年11月01日

人類の生き方を変えるヘンプカー、加速中!

ヘンプカー東海は、その工程を順調にこなしています。

現地からのレポートを以下のブログでご覧になることができます。
http://hempcar.ooasa.jp/

プロジェクトの概要はこちらをご参照ください。
http://www.ooasa.jp/hemp_car/

大変な年になってしまった2011年も、はや、11月になってしまいました。
時代を変える、人類の生き方を変えることを目的として、ヘンプカー・プロジェクトは、北海道・東北・東海と加速しています。


posted by takahiro at 09:31| Comment(1) | ヘンプ・麻

2011年09月29日

「マリファナマン」大麻の漫画に環境保護のメッセージ

【新刊本のお知らせです】

「マリファナマン」(マンガ) 明窓出版刊

ジギー・マーリィ著  翻訳 石川文代


「マリファナマン」は、かのボブ・マーリィの長男で、自らもレゲエミュージシャンとして活躍する、ジギー・マーリィの漫画原作デビュー作品です。

ジギーは「大麻は食料、燃料、衣服、紙、薬品など様々な製品を生み出し、二酸化炭素を吸収して酸素を作る優れもの。根が深く張れば地すべりをも防ぐ!」 と説明し、この作品に自然環境保護のメッセージが込められていると述べています。



  マリファナマン


posted by takahiro at 19:48| Comment(0) | ヘンプ・麻

2011年07月05日

栃木県の大麻パワースポット!

CIMG4170.JPG
栃木県には、大麻パワースポット地帯があります。

栃木市にある太平山神社の本殿には、瓊瓊杵命(ににぎのみこと)・天照皇大御神(あまてらすおおみかみ)・豊受姫大神(とようけひめのおおかみ)が祀られ、3本の鈴紐は大麻繊維で出来ており、本殿の手前にある塔には麻の葉模様が彫り込まれています(右写真)。
また、この神社のお札には「大麻」の文字が入っています。

太平山神社のすぐそばにある栃木県立栃木農業高校では、生徒たちが麻で里山復興活動を行っています。

また、そこから車を20分ほど北へ走らせ鹿沼市に入ると、麻農家の大森さんの畑と麻紙工房があります。
広い畑に大麻草が露地栽培されており、誰でも大麻草を目の前で見て、手で触ることができます。

7月4日、ヘンプカープロジェクトの一行が、この栃木・大麻パワースポット地帯を訪れました。
当日の写真はこちらで見ることができます。
http://hempcar.ooasa.jp/article/46528914.html



ついでに、麻福ブランド製品のPR。

女性限定ですが、ふんどしとショーツの良い点を合わせた新製品、「シルクふんティー」がかなりの人気です。
ヘンプ70%、シルク30%という極上の素材でつくられたシルクふんティーは、お洒落感も増して、今年の新しい流行になりそうです。
http://www.ooasa.jp/wear/index.php?shorts

麻福ブランド男性用・女性用ヘンプ100%ふんどしも今年の新発売です。
http://www.ooasa.jp/wear/index.php?fundoshi

posted by takahiro at 22:46| Comment(0) | ヘンプ・麻