ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】

2014年10月23日

大麻取締法は「日本人総のっぺらぼう化計画」の一環だった!

飛鳥以前の古代日本人は、身体のパーツと植物のパーツを同じ音で呼んで、同じものとして考えていたそうです。

「芽」=「目」(開いて現れる物)
「花」=「鼻」(真ん中に突き出る物)
「葉」=「歯」(落ちて再び生ずる物)
「実」=「耳」(中身のある物)
「枝」=「手足」※手足のことを古くは「えた」と呼んでいた。

耳はふたつあるから「実実」で「みみ」と同じ音を二つ重ねるのだそうです。
そして「根」は、目には見えないところにある物。つまり人間の「心」のことです。「根がやさしい」とか「根暗」とか言いますね。
このように、日本には植物と人体とを同じように考えて、植物を大切にする精神文化がありました。


ところが、第二次世界大戦後、日本の精神文化に分裂が起きたのです。
それは大麻取締法の施行です。

神社に行くと大麻の茎の部分があり、日本人は今でもそれを神様として拝みます。
ところが、大麻の花や葉を所持することは罪となります。
人体に置き換えると、目(芽)と鼻(花)と歯(葉)が違法なのです。
人体の一部は神様で、一部は悪となってしまいました。
大麻が部分によって大善と大悪に分かれたことは、いわば精神の分裂を意味します。


大麻取締法を絵にするとこうなります。

taima999.jpg


GHQが大麻取締法を日本に押し付けたのは「日本人総のっぺらぼう化計画」の一環だった!!

日本人には、相手の言う事を聴く耳(実)と相手の言う通りに動く手足(枝)があれば良く、真実を見極める目(芽)と嗅覚(花)、そして物事を噛み砕いて理解する歯(葉)は不要らしい。

日本人から顔を取り去り、すなわち民族独自の文化を放棄させて、アメリカに従属する奴隷民族への転換が意図されていたのです。

大麻取締法の廃止とは、善と悪との統合であり、時代が分裂から統合への流れに移行するための重要な課題です。

(やしろたかひろ)


※関連記事
スサノヲの到来!死と再生、反転の時。そして人類は麻布に包まれる。
http://iyasaka.saloon.jp/article/104922307.html

※参考サイト
取り戻そう、日本の心を。−大麻の国、日本−
http://rising.ooasa.jp/



posted by takahiro at 01:27| Comment(1) | ヘンプ・麻

2014年10月21日

今日は神風特別攻撃隊が初出撃した日

今日、10月21日は、神風特別攻撃隊が初出撃した日です。(1944年)
多くの若者が、志願して特攻隊となり、戦場に散っていきました。

神風特攻隊と自爆テロは、その精神において全く違うものです。
イスラム教徒の自爆テロはカルトです。神のために死ねば天国へ行けるらしいから、罪の無い大勢を道連れにして死ぬ。それは結局、天国へ行きたい自分のためであり、まったく自己中心的な愚かな行為です。

しかし、精神の国、日本の神風特攻隊は違いました。
「私がやらなければ、父様、母様が死んでしまう」
お父さん、お母さん、愛する家族を守るために、愛する故郷を守るために皆死んでいったのです。彼らは平和を愛していたのです。

当時、アジアとアフリカの大部分は、有色人種を人間として認めない白人たちによって植民地化され、虐殺されたり搾取されたりしていたという「現実」がありました。
日本が勝ち目が無いとわかっていて大東亜戦争に突入したのは、そういう地獄のような現実を終わらせるためでした。

「大東亜戦争の真実 白人たちにとって私たち有色人種は人間ではなかった」
http://www.yaei-sakura.net/index.php?society_h0022

戦争はあってはならないものです。しかし、今でも戦争や地域紛争が起きているという現実があります。自分がやりたくなくても戦争を仕掛ける者がいる限り、自分の国を守る手段は必要です。
それは、暴力はあってはならないものだが、現実にはそれがあるから警察が必要であるという理屈と同じです。
特攻隊員たちの行為を愚かだったとは言ってはならない。

(やしろたかひろ)


特攻隊の遺書




toromodosou123.png


posted by takahiro at 01:08| Comment(0) | 現代社会を考える

2014年10月19日

中山康直著「アセンションのその先へ《麻•高周波》でNIPPONから 《世明けのアサ》へ銀河JUMP!」「奇蹟の大麻草 〜人類への贈りもの〜」

中山康直さんの新刊本が2冊同時出版!

ひとつは11/4発刊予定。予約販売中です。
タイトルからすでに中山節全開!!

『アセンションのその先へ
《麻•高周波》でNIPPONから 《世明けのアサ》へ銀河JUMP!
水星の知的生命体MANAKAが伝える新しい宇宙観』





もうひとつは、
原子力から大麻力へ、大麻に有害性はあるのか?、日本大麻が「濡れ衣」を着せられていった背景・・・といった、大麻を現実面からとらえた本です。

『奇蹟の大麻草 〜人類への贈りもの〜』






posted by takahiro at 17:21| Comment(0) | ヘンプ・麻