ブログを引っ越しました!⇒ 新ブログはここをクリック

  このブログの親サイト⇒ 共生社会の共同建設を目指す【イヤサカの会】


中山弥栄塾
▲詳細はクリックしてご覧ください

2014年08月23日

曼荼羅とインターネット

mandara358.jpg心理学者・ユングが接見したチベットの高僧は、曼荼羅(マンダラ)についてこのように説明したと言います。

「曼陀羅とは精神の像である。これはラマ僧のイマジネーションの力によって形作ることができるのである。曼陀羅には一つとして同じものはなく、個々人によって異なるのだ。
ちまたの僧院や寺院に掲げられているような曼荼羅は大した意味を持たない。なぜなら、それらは外的な表現にすぎないからだ。
本当の曼陀羅というものは常に内的なイメージであり、それは心の平衡が失われている時や、ある考えがどうしても心に浮かばず経典にも見いだせないので自らそれを探し出さねばならないときに、自分の心の中の創造力によって、心の内に形作られてくるものだ。」


胎蔵界曼荼羅の中心には大日如来が描かれています。
キリスト教的な見方をすれば宇宙を支配する絶対神が中央に描かれているように見えるかもしれませんが、しかし、仏教では大日如来に絶対神的な意味は与えていません。
大日如来には「大いなる太陽」という意味があり、また、大日如来とはあらゆる存在物を包容する無限の空間と時間の広がり、すなわち宇宙を集約したものであると説明されています。

中山康直さんのMANAKAリアリティにある「太陽とは心の反映である」という定義から言えば、大日如来とは私たち人間のことでもあります。そして、さらに大日如来は宇宙そのものでもあるのです。
したがって、曼荼羅の中央に描かれた大日如来は宇宙の中心を意図したものではなく、そもそも宇宙には中心が無く、曼荼羅を描く個々の人間の心がそれぞれに中心となり、まわりのものと無限に繋がっていくことを表しているのです。


以上の内容を簡単にまとめると、このようになります。

「心」=「宇宙」=「曼荼羅」=「私」


自分の心と他人の心が、そして自分と宇宙全体とが常に繋がっているということは、私たち一人一人が宇宙全体に対して「責任」を持たなければいけないということを意味しています。
自分の心の有り様が、他人や宇宙全体に影響を与えてしまうからです。
ルシファーとは、悪魔でもあり光の天使でもあると言います。私たち人間の心が何を求めているのかによって、同一の宇宙存在が悪魔にも天使にもなるのです。

したがって、宇宙はすべて自己責任の世界。

asatemari345.jpg仏教の曼荼羅の智慧が科学に投下されたものが、インターネットです。
それによって、今や世界中の何十億という人々が時間と空間を越えて現実的に繋がりを持つことが可能になりました。
機械と電波を使って自分の意思を伝達するインターネットは、人類が霊的に成長してテレパシーで意思の伝達が出来るようになるまでの教育システムであると思います。
それを使いこなす人がどれだけ「責任」を持っているのかによって、インターネットが多くの人々を助けることもあれば、恐怖のどん底に落とすこともあるのです。

(やしろたかひろ)

関連記事
* 宇宙という精神世界、物質と精神の逆転発想
http://iyasaka.saloon.jp/article/88894367.html

posted by takahiro at 21:47| Comment(0) | 現代社会を考える

2014年08月08日

封印された「エリア88」の解放と日本の独立



今日の記事は以前に一度掲載した内容ですが、8月6日は広島、8月9日は長崎に原爆が投下された日、そして今日は88の日、さらに今日は米国がイラクで戦争を起こしましたので、再掲載させていただくことにしました。

風水で鬼門とは神様の通り道であるとされ、北東45度と南西45度の位置をそれぞれ表鬼門、裏鬼門と言います。

日本列島には、地球内部からの強力な地磁気が噴出している龍脈であると言われている中央構造線という大断層があり、このライン上には分杭峠、伊勢神宮といったパワースポットが位置しています。
そしてこのラインは四国の鳴門、九州の阿蘇山を通り、八代、天草あたりが西の端になっています。


より大きな地図で 中央構造線マップ を表示

中央構造線の西端である熊本県八代市から阿蘇山を通る北東45度方向に直線を引いてみたら、青森県八戸市に突き当たりました。
そこで私は、「八戸」周辺地域と「八代」周辺地域、つまり「エリア88」を日本の表鬼門と裏鬼門であると考えました。

日本の表鬼門は、八戸を中心として青森県東部から岩手県北部と考えられます。
青森県東部には、縄文時代の遺跡が多く出土し、特にこの地域には、長七谷地貝塚(八戸市)、古屋敷貝塚(東北町)といった東北地方においては数少ない縄文時代早期の遺跡が発見されています。
また、キリストの墓と言われている史跡もあり、この一帯はまさに聖域です。
さらに、岩手県北部には一戸・二戸・三戸・・・という地名が並び、まさに日本のゲートです。

風水では特に表鬼門には不浄なものを置いてはいけないと言われています。
ところが、日本の表鬼門に戦後に設置された施設があります。それは、原子燃料サイクル施設・六ヶ所村再処理工場と米軍三沢基地です。
すなわち、日本の表鬼門はアメリカによって封印されていたのです。

area88.jpg

最近大きく浮上してきている米軍基地問題と原発問題は、戦後日本がアメリカによって実質的に植民地化されきた象徴でもあります。
そのような構造の中で日本の歴代内閣は否応なしにアメリカの支配下にありました。しかし、その中でも心までアメリカに売っていた総理大臣と、そうでなかった総理大臣がいました。

「私は小学校最後の担任をしてくださった野村先生から大きな影響を受けています。
『一人ひとりがスターだ。それぞれが必ず輝くものを持っている』が口癖でしたね。人に対して威張ったり、地位を利用して従わせようとしたりするのではなく、まず自分の人格を磨くことが大切です。」
(安倍晋三/2014年7月発行「成蹊人」より)

国際的にアメリカの影響力が次第に薄れる中で、アメリカとの間に距離を置き始めた安倍政権の動きなどを鑑みると、エリア88と麻の解放、すなわち日本の独立へのカウントダウンが始まっているのかもしれません。

今、日本列島は異常気象の真っ只中で、国土が水攻め、熱風攻めに遭っている状況です。深海魚が浅海に上がってくるなどのひっくり返り現象も起き始めました。
人の意識は気象に影響を与えます。
今はインディゴ世代が社会の中心層になってきており、パイオニアインディゴと共鳴して強いエネルギー磁場を形成しています。
古い常識や固定観念、支配被支配の体制をひっくり返す時がやってきました。
人々の集合的無意識が時代を変えるか!?

※関連サイト
劇団真実 -世界から封印された日本
http://www.kurasu.biz/

タグ:世界維新
posted by takahiro at 19:42| Comment(0) | 世の中が変わる

2014年08月04日

スーパームーンは浄化と絆のタイミング


lgf01a201310251900.jpg


私は、昨年の秋頃より、「片付けること」(浄化)と「繋がること」(絆)という二つのキーワードにフォーカスしています。
そして、今度のスーパームーンは、そのひとつのタイミングではないかと感じています。

「スーパームーン」とは、月と地球の距離が最も近づき、普段より大きく明るい満月が見える現象です。
注目を集めた昨年6月のスーパームーンでは通常の満月に比べ大きさが14%、明るさが30%増して見えたといいますが、今年8月のスーパームーンはそれよりもさらに大きく見えるそうです。
国立天文台によると、最も近づくのは日本時間で11日午前2時43分頃で月と地球の距離は約35万7000キロになり、満月となるのは3時9分頃とのこと。

中山康直さんのマナカ・リアリティによると、月とは意識のこと。
そしてスーパームーンは、私たちの潜在意識を浮き彫りにし、浄化を促すとも言われています。

ネガティブな意識が浮上してくる人もいるでしょう。
自分の中に出て来た想念を静かに受け止めて、客観的に観察をしてみましょう。

また、8.11は3.11と同様にバランスを意味する霊数「11」の日です。
したがって、この日に現われる今年のスーパームーンは、人と人との絆を深めるタイミングです。
絆とは、自分と相手とを分けないこと。相手の存在を無条件に受け入れることです。
スーパームーンの前後は、積極的に人の交流を図りましょう。





月は人間の体の周期と関わっている。また、月は別の宇宙との窓口であり、宇宙存在たちは月を経由し私たちの潜在意識に対して様々な叡智を発信している。(秋山眞人)


関連記事
* 愛の目的は、相手と自分を「輝かせる」こと。
http://iyasaka.saloon.jp/article/95117864.html
* 整理することと片付けることの違いを知っていますか
http://iyasaka.saloon.jp/article/99204981.html


DSC123.jpg太陽は心、月は意識、星は精神で三位一体。地球とは?
星信仰が復活することによって私たちの生活の中に精神性が取り戻される!
第22回 中山弥栄塾「天体と受胎する地球」のDVD発売中です。
https://www.ooasa.jp/school/index.php?dvd

posted by takahiro at 23:45| Comment(1) | 心身の健康